2007年・土湯

ミクシィもやってるんですが
CD50のことはヤフーブログに移設(?)しようとしてるところです。
 
2007年10月中旬の日記です。
土湯温泉に行ってきました。土湯・湯けむり一人旅。
もちろんCD50で。

国道115号線へ。
土湯温泉は市街地から西方16kmに位置する荒川沿いの温泉地で、東北三大こけし・土湯こけしの里として知られています(多分 ・私は今年しりました・・・)。

市街地から16km・・・車なら近いんですが
(自分で車を運転することほぼないけど)
山道!路面がぬれてて怖い!!
私、原付で登坂車線のあるトコ走ったことないんで一歩間違ったら大変なことになります。

でも思ってたより近いかも・・・


土湯温泉到着。
大きなこけしがお出迎え★日本一大きくて重いこけしだそうです・・・。
世界一と言わないところがつつましい。ていうか日本にしかないだろうけど


土湯温泉観光協会にCD50を停めさせてもらって、「滝のつり橋」へ。
マイナスイオンたっぷり。

でも今日は寒い!!
(2007年10月中旬)
カゼひくわーホント 

つり橋はとてもしっかりしたつくりで、ていうかこれ吊ってんの!?っていうくらい揺れないのでスタスタ渡ってしまいました。
でも眺めが綺麗でした。夏におすすめ・・・。

やっと昼食。でも土湯とは関係のない食べ物なので割愛します。

食べ物と言えば温泉たまご。
でも、1個だけ売ってくれるかわからないので外から眺めるだけ・・・。

足湯がたくさんあるけど・・・ブーツ履くの大変・しかも小雨が降った後で、尻がぬれてしまうので足湯断念。

温泉街はもう回ったから帰ろうかなと思ったが、何を血迷ったか女沼と沼があるという散策コースへ。
(もちろん男沼もあります)

すごい坂道とくねくね道を1kmほど登ってきたところで

「熊が出ます。」という看板・・・

なんか「熊出没注意」よりリアルな感じがして、やっぱ帰ろうかな~と思ったがとりあえず前進。

そこからまた1kmほど行くと女沼が見えた!!
よっしゃーもうすぐ・・・

突然急な下り坂が!!登るのはいいけど下りは怖い!CD50!行けんのか!?

低速・エンジンブレーキ等でなんとかしてやっと沼の近くまで到着。

でも・・・なにもない・・・(沼があるのに)
紅葉にはまだ早かった・・・
鳥居があって怖い・・・(直視できなかった)
熊出そう・・・怖い・・・
 
今ここで殺されて沼に沈められても1週間くらいは見つからないんじゃ・・・
っていう雰囲気がビシバシ!!

そんな感じで帰ることに。

帰りは景色を見る余裕もあり、福島市街地を眺める。
一人で、しかも原付で観光地に行ったことがないのでどうなることやらと思ったけど

とりあえず遭難しなくてよかった・・・夏に来た方がいいなあ・・・
秋に来るなら車だな・・・(原付全否定???)

せっかくなので、帰りに雑貨屋へ。
スカーフ購入。

店のお兄さんに、
(CD50の)クラッチがなんかヤバイから掃除してグリース入れた方がいいですよ~

と言われる。
 
詳しくないからわかんないデスヨ~とか言いつつ
ふーんって思ってると

このままだとクラッチ切れちゃいますよ

(まじっすか!?)

ホームセンターでいろいろ売ってますからやった方がいいですよ
バイクは生き物なんですよ!?

(えっ?いきもの?)

マジですか・・・クラッチ、そんなもんでいいと思ってたよ・・・

ダイユー8でグリースとそうじするやつ購入。
帰ってすぐにクラッチの掃除!!

言われたとおりにやってみたら、かなり調子がよくなった!

お兄さん・・・ありがとう・・・!!
ホントに、バイクは生き物だね・・・!!

※結局クラッチの遊びの調整がうまくいかなくて
バイク屋さんにお願いしました。とほほ。
 
スポンサーサイト
2009年10月・シート交換 | Home |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する