スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD入院


※ほぼ文章だけでしかも長くて
とくに楽しい記事でもないのでスルーしちゃっても大丈夫です♪


さて金曜日
バイク屋さんの診断は…

主な原因は

暑さで
CDIがダメになった(あと寿命)

ヘッドの圧縮低下

エンジン焼き付き


ピストンが黒くなってました…

オイルは入ってましたが

以前からエンジンオイルが
減ってしまう症状がありました
オイルが燃焼室へ入ってしまい
燃えてしまっていたようです
ただ、はっきりとは言えませんでした
このことは可能性として
充分あり得ることは
知っていましたが
暑い中エンジンを回しすぎて
止めを刺したようです

こんな感じのようです
とりあえず金曜日に私が理解できたのが…
お恥ずかしい話、バイク屋さんではかなり取り乱していました
冷静になれず、現実を直視できない状態でした


この状態で
よく箕輪からバイク屋さんまで
帰って来れたと思います


そういうわけで
CDが帰ってくるのをじっと待っている状態
もう北海道に行くのに間に合わなくてもいいから
また走れるようになって戻ってきてくれれば良いと思っています




とか思っていた週末が終わり月曜日
バイク屋さんから連絡がありました
今日は仕事が早く終わったので
見に行ってみました

ピストン交換くらいでは済まないようです
現状では試走すらできないそうです

複合的な要因で

クランクケースから出ている長い4本のスタッドボルト
この内の1本だけ異常に錆びていました(画像内・7の下のボルト)
しかもクランクケース側の接続部分が
錆により隙間ができて圧縮が低下したのではと…



何で1本だけなのかはわかりません…
3本は綺麗でした
しかも錆びたボルトのノックピンは無くなっていたようです
ノックピンがないことによる隙間も原因
錆びたボルトを外して新品に交換しなければなりませんが
固着していて外すのがかなり手こずるんじゃないかとのこと

最悪の場合クランクケース(左)も交換しないと??

あとバルブ
吸気と排気、2種類のバルブのうち
排気のバルブが通常よりも汚かったそうです
私にはよくわかりませんでしたが
若干曲がっているとのこと…

焼きついていたので
心配だったのがシリンダー
こちらは大丈夫だったそうです
ガスケットは交換しなければならない状態だったみたいですが
傷は特にないようです

CDIは交換して
プラグに火花が飛ぶようになったそうです
やはり暑さと寿命で壊れたそうです

その他いろいろあったんですけど
私がうまく説明できない部分もあります
トルク不足の部分も
おおまかにはこんな状態とのことでした

そういうわけで
しばらくCDは帰ってきません

お盆を挟みますし
バイク屋さんもお盆から10日間
北海道へ行くそうです(´∀`*)
これは前から聞いていたので、仕方がないです

帰ってくるのは月末になりそうです

その為北海道のバイク乗船の予約のみ
キャンセルしました
行くのは私だけです(笑)
何も考えてなかったので
道産子の友人においしいものを食べに連れて行ってもらおうと思います

北海道に行くにあたり
皆さんから様々なアドバイスを頂いたことに
本当に感謝しております
ありがとうございました
今回は残念な結果ですが
またいつかチャンスがあるんじゃないかと思います
CDが元気になったら
またどこかに遊びに行きたいと思います

皆様、またどこかでお会いできましたら
よろしくお願いいたします~
(もうJAF入ったので安心ですよ(笑))






スポンサーサイト
8月9日 フェリー出航 | Home | 8月1日 その3

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。